菊池眞一研究室都々逸

時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして ・女神が大石(「白王権現石」と呼ばれる、境内地にある石)を軽々と持ち上げたことから、「あげいし」→「上げ石」→「明石」と呼ばれるようになったという。 ・南予の名刹霊場として信仰が厚く、8月9日の縁日には、四国九州から多くの参拝者が 地形図、写真、標高、地形分類、災害情報など、国土地理院が捉えた日本の国土の様子を発信するウェブ地図です。地形図 主に関西地方を中心とした山登り、史跡巡りの紹介。要は”おっさんの暇つぶしの記”でんナァ!。【山登り・里歩きの記】 ・女神が大石(「白王権現石」と呼ばれる、境内地にある石)を軽々と持ち上げたことから、「あげいし」→「上げ石」→「明石」と呼ばれるようになったという。 ・南予の名刹霊場として信仰が厚く、8月9日の縁日には、四国九州から多くの参拝者が 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 847 25 みなみ 南 名詞 848 25 るざい 流罪 名詞 849 24 あづかる 与・預 四 850 24 いとど いとど 副詞 851 24 うつて 討手 名詞 852 24 うらむ 恨む 上二 853 24 うん 運 名詞 854 24 おもし 重し 形容詞 ク 855 24 かしら 頭 名詞 856 24 かつ 勝つ 四 857 24 からめで 搦め手 名詞 豊岡駅の3Kmほど南の九日市上町に鎮座。 円山川が出石川と合流する地点。 312号線から西へ少し入った場所。 JR山陰本線と円山川に挟まれた地に境内がある。 境内入口は東向き。 石鳥居の右脇に「式内女代神社」と刻まれた社号標が立っており、 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 主に関西地方を中心とした山登り、史跡巡りの紹介。要は”おっさんの暇つぶしの記”でんナァ!。【山登り・里歩きの記】 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 豊岡駅の3Kmほど南の九日市上町に鎮座。 円山川が出石川と合流する地点。 312号線から西へ少し入った場所。 JR山陰本線と円山川に挟まれた地に境内がある。 境内入口は東向き。 石鳥居の右脇に「式内女代神社」と刻まれた社号標が立っており、 主に関西地方を中心とした山登り、史跡巡りの紹介。要は”おっさんの暇つぶしの記”でんナァ!。【山登り・里歩きの記】 伊賀平内左衛門家長(いがへいざえないもんいえなが)と共に 重い鎧を二領着こんで、手を取り合い海に沈んでいきました。 伊賀平内左衛門家長は、筑後守平家貞の息子ともいわれ、 伊賀国服部の出身で、伊賀服部氏の祖と伝えられています。 南平内射女神・女神が大石(「白王権現石」と呼ばれる、境内地にある石)を軽々と持ち上げたことから、「あげいし」→「上げ石」→「明石」と呼ばれるようになったという。 ・南予の名刹霊場として信仰が厚く、8月9日の縁日には、四国九州から多くの参拝者が 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 847 25 みなみ 南 名詞 848 25 るざい 流罪 名詞 849 24 あづかる 与・預 四 850 24 いとど いとど 副詞 851 24 うつて 討手 名詞 852 24 うらむ 恨む 上二 853 24 うん 運 名詞 854 24 おもし 重し 形容詞 ク 855 24 かしら 頭 名詞 856 24 かつ 勝つ 四 857 24 からめで 搦め手 名詞 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 主に関西地方を中心とした山登り、史跡巡りの紹介。要は”おっさんの暇つぶしの記”でんナァ!。【山登り・里歩きの記】 ・女神が大石(「白王権現石」と呼ばれる、境内地にある石)を軽々と持ち上げたことから、「あげいし」→「上げ石」→「明石」と呼ばれるようになったという。 ・南予の名刹霊場として信仰が厚く、8月9日の縁日には、四国九州から多くの参拝者が ・女神が大石(「白王権現石」と呼ばれる、境内地にある石)を軽々と持ち上げたことから、「あげいし」→「上げ石」→「明石」と呼ばれるようになったという。 ・南予の名刹霊場として信仰が厚く、8月9日の縁日には、四国九州から多くの参拝者が 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 豊岡駅の3Kmほど南の九日市上町に鎮座。 円山川が出石川と合流する地点。 312号線から西へ少し入った場所。 JR山陰本線と円山川に挟まれた地に境内がある。 境内入口は東向き。 石鳥居の右脇に「式内女代神社」と刻まれた社号標が立っており、 ・女神が大石(「白王権現石」と呼ばれる、境内地にある石)を軽々と持ち上げたことから、「あげいし」→「上げ石」→「明石」と呼ばれるようになったという。 ・南予の名刹霊場として信仰が厚く、8月9日の縁日には、四国九州から多くの参拝者が 主に関西地方を中心とした山登り、史跡巡りの紹介。要は”おっさんの暇つぶしの記”でんナァ!。【山登り・里歩きの記】 アサミちゃんさんの旅の記録を紹介。 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 主に関西地方を中心とした山登り、史跡巡りの紹介。要は”おっさんの暇つぶしの記”でんナァ!。【山登り・里歩きの記】 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 主に関西地方を中心とした山登り、史跡巡りの紹介。要は”おっさんの暇つぶしの記”でんナァ!。【山登り・里歩きの記】 アサミちゃんさんの旅の記録を紹介。 豊岡駅の3Kmほど南の九日市上町に鎮座。 円山川が出石川と合流する地点。 312号線から西へ少し入った場所。 JR山陰本線と円山川に挟まれた地に境内がある。 境内入口は東向き。 石鳥居の右脇に「式内女代神社」と刻まれた社号標が立っており、 小手瀧城【川内町井内】 ・戒能通運、戒能通盛が居城。 「大字井内中野部落の東方にある。標高520m、戒能備前守通運(みちのぶ)の居城であった。通運は久万大除の城主大野利直と戦ったが、用水を絶たれて落城し、大熊城へ逃れた。中野の畔畔等には無縁塚無縁墓が数多くあるが、これは 地形図、写真、標高、地形分類、災害情報など、国土地理院が捉えた日本の国土の様子を発信するウェブ地図です。地形図 主に関西地方を中心とした山登り、史跡巡りの紹介。要は”おっさんの暇つぶしの記”でんナァ!。【山登り・里歩きの記】 847 25 みなみ 南 名詞 848 25 るざい 流罪 名詞 849 24 あづかる 与・預 四 850 24 いとど いとど 副詞 851 24 うつて 討手 名詞 852 24 うらむ 恨む 上二 853 24 うん 運 名詞 854 24 おもし 重し 形容詞 ク 855 24 かしら 頭 名詞 856 24 かつ 勝つ 四 857 24 からめで 搦め手 名詞 小手瀧城【川内町井内】 ・戒能通運、戒能通盛が居城。 「大字井内中野部落の東方にある。標高520m、戒能備前守通運(みちのぶ)の居城であった。通運は久万大除の城主大野利直と戦ったが、用水を絶たれて落城し、大熊城へ逃れた。中野の畔畔等には無縁塚無縁墓が数多くあるが、これは 豊岡駅の3Kmほど南の九日市上町に鎮座。 円山川が出石川と合流する地点。 312号線から西へ少し入った場所。 JR山陰本線と円山川に挟まれた地に境内がある。 境内入口は東向き。 石鳥居の右脇に「式内女代神社」と刻まれた社号標が立っており、 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 地形図、写真、標高、地形分類、災害情報など、国土地理院が捉えた日本の国土の様子を発信するウェブ地図です。地形図 小手瀧城【川内町井内】 ・戒能通運、戒能通盛が居城。 「大字井内中野部落の東方にある。標高520m、戒能備前守通運(みちのぶ)の居城であった。通運は久万大除の城主大野利直と戦ったが、用水を絶たれて落城し、大熊城へ逃れた。中野の畔畔等には無縁塚無縁墓が数多くあるが、これは 地形図、写真、標高、地形分類、災害情報など、国土地理院が捉えた日本の国土の様子を発信するウェブ地図です。地形図 地形図、写真、標高、地形分類、災害情報など、国土地理院が捉えた日本の国土の様子を発信するウェブ地図です。地形図 伊賀平内左衛門家長(いがへいざえないもんいえなが)と共に 重い鎧を二領着こんで、手を取り合い海に沈んでいきました。 伊賀平内左衛門家長は、筑後守平家貞の息子ともいわれ、 伊賀国服部の出身で、伊賀服部氏の祖と伝えられています。 豊岡駅の3Kmほど南の九日市上町に鎮座。 円山川が出石川と合流する地点。 312号線から西へ少し入った場所。 JR山陰本線と円山川に挟まれた地に境内がある。 境内入口は東向き。 石鳥居の右脇に「式内女代神社」と刻まれた社号標が立っており、 小手瀧城【川内町井内】 ・戒能通運、戒能通盛が居城。 「大字井内中野部落の東方にある。標高520m、戒能備前守通運(みちのぶ)の居城であった。通運は久万大除の城主大野利直と戦ったが、用水を絶たれて落城し、大熊城へ逃れた。中野の畔畔等には無縁塚無縁墓が数多くあるが、これは 小手瀧城【川内町井内】 ・戒能通運、戒能通盛が居城。 「大字井内中野部落の東方にある。標高520m、戒能備前守通運(みちのぶ)の居城であった。通運は久万大除の城主大野利直と戦ったが、用水を絶たれて落城し、大熊城へ逃れた。中野の畔畔等には無縁塚無縁墓が数多くあるが、これは 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 豊岡駅の3Kmほど南の九日市上町に鎮座。 円山川が出石川と合流する地点。 312号線から西へ少し入った場所。 JR山陰本線と円山川に挟まれた地に境内がある。 境内入口は東向き。 石鳥居の右脇に「式内女代神社」と刻まれた社号標が立っており、 主に関西地方を中心とした山登り、史跡巡りの紹介。要は”おっさんの暇つぶしの記”でんナァ!。【山登り・里歩きの記】 847 25 みなみ 南 名詞 848 25 るざい 流罪 名詞 849 24 あづかる 与・預 四 850 24 いとど いとど 副詞 851 24 うつて 討手 名詞 852 24 うらむ 恨む 上二 853 24 うん 運 名詞 854 24 おもし 重し 形容詞 ク 855 24 かしら 頭 名詞 856 24 かつ 勝つ 四 857 24 からめで 搦め手 名詞 847 25 みなみ 南 名詞 848 25 るざい 流罪 名詞 849 24 あづかる 与・預 四 850 24 いとど いとど 副詞 851 24 うつて 討手 名詞 852 24 うらむ 恨む 上二 853 24 うん 運 名詞 854 24 おもし 重し 形容詞 ク 855 24 かしら 頭 名詞 856 24 かつ 勝つ 四 857 24 からめで 搦め手 名詞 アサミちゃんさんの旅の記録を紹介。 小手瀧城【川内町井内】 ・戒能通運、戒能通盛が居城。 「大字井内中野部落の東方にある。標高520m、戒能備前守通運(みちのぶ)の居城であった。通運は久万大除の城主大野利直と戦ったが、用水を絶たれて落城し、大熊城へ逃れた。中野の畔畔等には無縁塚無縁墓が数多くあるが、これは 主に関西地方を中心とした山登り、史跡巡りの紹介。要は”おっさんの暇つぶしの記”でんナァ!。【山登り・里歩きの記】 伊賀平内左衛門家長(いがへいざえないもんいえなが)と共に 重い鎧を二領着こんで、手を取り合い海に沈んでいきました。 伊賀平内左衛門家長は、筑後守平家貞の息子ともいわれ、 伊賀国服部の出身で、伊賀服部氏の祖と伝えられています。 伊賀平内左衛門家長(いがへいざえないもんいえなが)と共に 重い鎧を二領着こんで、手を取り合い海に沈んでいきました。 伊賀平内左衛門家長は、筑後守平家貞の息子ともいわれ、 伊賀国服部の出身で、伊賀服部氏の祖と伝えられています。 847 25 みなみ 南 名詞 848 25 るざい 流罪 名詞 849 24 あづかる 与・預 四 850 24 いとど いとど 副詞 851 24 うつて 討手 名詞 852 24 うらむ 恨む 上二 853 24 うん 運 名詞 854 24 おもし 重し 形容詞 ク 855 24 かしら 頭 名詞 856 24 かつ 勝つ 四 857 24 からめで 搦め手 名詞 ・女神が大石(「白王権現石」と呼ばれる、境内地にある石)を軽々と持ち上げたことから、「あげいし」→「上げ石」→「明石」と呼ばれるようになったという。 ・南予の名刹霊場として信仰が厚く、8月9日の縁日には、四国九州から多くの参拝者が 地形図、写真、標高、地形分類、災害情報など、国土地理院が捉えた日本の国土の様子を発信するウェブ地図です。地形図 地形図、写真、標高、地形分類、災害情報など、国土地理院が捉えた日本の国土の様子を発信するウェブ地図です。地形図 伊賀平内左衛門家長(いがへいざえないもんいえなが)と共に 重い鎧を二領着こんで、手を取り合い海に沈んでいきました。 伊賀平内左衛門家長は、筑後守平家貞の息子ともいわれ、 伊賀国服部の出身で、伊賀服部氏の祖と伝えられています。 地形図、写真、標高、地形分類、災害情報など、国土地理院が捉えた日本の国土の様子を発信するウェブ地図です。地形図 ・女神が大石(「白王権現石」と呼ばれる、境内地にある石)を軽々と持ち上げたことから、「あげいし」→「上げ石」→「明石」と呼ばれるようになったという。 ・南予の名刹霊場として信仰が厚く、8月9日の縁日には、四国九州から多くの参拝者が 847 25 みなみ 南 名詞 848 25 るざい 流罪 名詞 849 24 あづかる 与・預 四 850 24 いとど いとど 副詞 851 24 うつて 討手 名詞 852 24 うらむ 恨む 上二 853 24 うん 運 名詞 854 24 おもし 重し 形容詞 ク 855 24 かしら 頭 名詞 856 24 かつ 勝つ 四 857 24 からめで 搦め手 名詞 小手瀧城【川内町井内】 ・戒能通運、戒能通盛が居城。 「大字井内中野部落の東方にある。標高520m、戒能備前守通運(みちのぶ)の居城であった。通運は久万大除の城主大野利直と戦ったが、用水を絶たれて落城し、大熊城へ逃れた。中野の畔畔等には無縁塚無縁墓が数多くあるが、これは 847 25 みなみ 南 名詞 848 25 るざい 流罪 名詞 849 24 あづかる 与・預 四 850 24 いとど いとど 副詞 851 24 うつて 討手 名詞 852 24 うらむ 恨む 上二 853 24 うん 運 名詞 854 24 おもし 重し 形容詞 ク 855 24 かしら 頭 名詞 856 24 かつ 勝つ 四 857 24 からめで 搦め手 名詞 ・女神が大石(「白王権現石」と呼ばれる、境内地にある石)を軽々と持ち上げたことから、「あげいし」→「上げ石」→「明石」と呼ばれるようになったという。 ・南予の名刹霊場として信仰が厚く、8月9日の縁日には、四国九州から多くの参拝者が 地形図、写真、標高、地形分類、災害情報など、国土地理院が捉えた日本の国土の様子を発信するウェブ地図です。地形図 小手瀧城【川内町井内】 ・戒能通運、戒能通盛が居城。 「大字井内中野部落の東方にある。標高520m、戒能備前守通運(みちのぶ)の居城であった。通運は久万大除の城主大野利直と戦ったが、用水を絶たれて落城し、大熊城へ逃れた。中野の畔畔等には無縁塚無縁墓が数多くあるが、これは 小手瀧城【川内町井内】 ・戒能通運、戒能通盛が居城。 「大字井内中野部落の東方にある。標高520m、戒能備前守通運(みちのぶ)の居城であった。通運は久万大除の城主大野利直と戦ったが、用水を絶たれて落城し、大熊城へ逃れた。中野の畔畔等には無縁塚無縁墓が数多くあるが、これは 南平内射女神時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 南平内射女神地形図、写真、標高、地形分類、災害情報など、国土地理院が捉えた日本の国土の様子を発信するウェブ地図です。地形図 伊賀平内左衛門家長(いがへいざえないもんいえなが)と共に 重い鎧を二領着こんで、手を取り合い海に沈んでいきました。 伊賀平内左衛門家長は、筑後守平家貞の息子ともいわれ、 伊賀国服部の出身で、伊賀服部氏の祖と伝えられています。 847 25 みなみ 南 名詞 848 25 るざい 流罪 名詞 849 24 あづかる 与・預 四 850 24 いとど いとど 副詞 851 24 うつて 討手 名詞 852 24 うらむ 恨む 上二 853 24 うん 運 名詞 854 24 おもし 重し 形容詞 ク 855 24 かしら 頭 名詞 856 24 かつ 勝つ 四 857 24 からめで 搦め手 名詞 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 豊岡駅の3Kmほど南の九日市上町に鎮座。 円山川が出石川と合流する地点。 312号線から西へ少し入った場所。 JR山陰本線と円山川に挟まれた地に境内がある。 境内入口は東向き。 石鳥居の右脇に「式内女代神社」と刻まれた社号標が立っており、 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 伊賀平内左衛門家長(いがへいざえないもんいえなが)と共に 重い鎧を二領着こんで、手を取り合い海に沈んでいきました。 伊賀平内左衛門家長は、筑後守平家貞の息子ともいわれ、 伊賀国服部の出身で、伊賀服部氏の祖と伝えられています。 アサミちゃんさんの旅の記録を紹介。 847 25 みなみ 南 名詞 848 25 るざい 流罪 名詞 849 24 あづかる 与・預 四 850 24 いとど いとど 副詞 851 24 うつて 討手 名詞 852 24 うらむ 恨む 上二 853 24 うん 運 名詞 854 24 おもし 重し 形容詞 ク 855 24 かしら 頭 名詞 856 24 かつ 勝つ 四 857 24 からめで 搦め手 名詞 アサミちゃんさんの旅の記録を紹介。 アサミちゃんさんの旅の記録を紹介。 アサミちゃんさんの旅の記録を紹介。 伊賀平内左衛門家長(いがへいざえないもんいえなが)と共に 重い鎧を二領着こんで、手を取り合い海に沈んでいきました。 伊賀平内左衛門家長は、筑後守平家貞の息子ともいわれ、 伊賀国服部の出身で、伊賀服部氏の祖と伝えられています。 アサミちゃんさんの旅の記録を紹介。 アサミちゃんさんの旅の記録を紹介。 ・女神が大石(「白王権現石」と呼ばれる、境内地にある石)を軽々と持ち上げたことから、「あげいし」→「上げ石」→「明石」と呼ばれるようになったという。 ・南予の名刹霊場として信仰が厚く、8月9日の縁日には、四国九州から多くの参拝者が 伊賀平内左衛門家長(いがへいざえないもんいえなが)と共に 重い鎧を二領着こんで、手を取り合い海に沈んでいきました。 伊賀平内左衛門家長は、筑後守平家貞の息子ともいわれ、 伊賀国服部の出身で、伊賀服部氏の祖と伝えられています。 豊岡駅の3Kmほど南の九日市上町に鎮座。 円山川が出石川と合流する地点。 312号線から西へ少し入った場所。 JR山陰本線と円山川に挟まれた地に境内がある。 境内入口は東向き。 石鳥居の右脇に「式内女代神社」と刻まれた社号標が立っており、 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 小手瀧城【川内町井内】 ・戒能通運、戒能通盛が居城。 「大字井内中野部落の東方にある。標高520m、戒能備前守通運(みちのぶ)の居城であった。通運は久万大除の城主大野利直と戦ったが、用水を絶たれて落城し、大熊城へ逃れた。中野の畔畔等には無縁塚無縁墓が数多くあるが、これは 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 豊岡駅の3Kmほど南の九日市上町に鎮座。 円山川が出石川と合流する地点。 312号線から西へ少し入った場所。 JR山陰本線と円山川に挟まれた地に境内がある。 境内入口は東向き。 石鳥居の右脇に「式内女代神社」と刻まれた社号標が立っており、 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして 時政が文治五年(1189)に大御堂を、承元元年(1207)に南塔※を建てた。後継の二代執権 義時 が時政没後の建保三年(1215)に南新御堂を建て、三代執権 泰時 が嘉承元年(1235)に北塔(現在は痕跡も不明)を建てた記録が残っている。50年以上を費やして ・女神が大石(「白王権現石」と呼ばれる、境内地にある石)を軽々と持ち上げたことから、「あげいし」→「上げ石」→「明石」と呼ばれるようになったという。 ・南予の名刹霊場として信仰が厚く、8月9日の縁日には、四国九州から多くの参拝者が 地形図、写真、標高、地形分類、災害情報など、国土地理院が捉えた日本の国土の様子を発信するウェブ地図です。地形図 アサミちゃんさんの旅の記録を紹介。 伊賀平内左衛門家長(いがへいざえないもんいえなが)と共に 重い鎧を二領着こんで、手を取り合い海に沈んでいきました。 伊賀平内左衛門家長は、筑後守平家貞の息子ともいわれ、 伊賀国服部の出身で、伊賀服部氏の祖と伝えられています。 南平内射女神・女神が大石(「白王権現石」と呼ばれる、境内地にある石)を軽々と持ち上げたことから、「あげいし」→「上げ石」→「明石」と呼ばれるようになったという。 ・南予の名刹霊場として信仰が厚く、8月9日の縁日には、四国九州から多くの参拝者が

[index] [435] [2157] [1015] [772] [381] [209] [1612] [1396] [94] [873]